蒼風拉麺探訪

自分が食べに行ったラーメンについて纏める備忘録の様な物

麺屋武蔵 虎洞@吉祥寺(2019.10.31.訪問)

 こんばんは。今日はここ。麺屋武蔵 虎洞』

 麺屋武蔵系列は色々行きましたが、ここだけ自分の活動圏から少し外れていたこともあってずっと課題店となったままでした。これで、系列は全店舗訪問です。

f:id:sho34141991:20191031210637j:plain

 見覚えのある雰囲気。

 店の横側に券売機が設置されています。単純ですけど狭い店内じゃなくてこういう

所に券売機あるの楽なんですよね、買うのが。ただでさえ狭い中で行き来するの地味に面倒で。注文は『濃厚虎のしっぽつけ麺』

f:id:sho34141991:20191031210758j:plain

 通常は他の麺屋武蔵系列同様角煮が付くのですが、ここのオリジナルで虎のしっぽ(ソーセージ)に変更可能(食券機には別でボタンがありました)というもの。折角来たからにはという事でそちらを注文。ビジュアルとしてはシンプルな感じ。

 つけ汁は所謂「またおま系」というやつ。ドロンジョ濃厚の豚骨魚介。甘じょっぱいもので、系列だと、今の味になる前の神田か、武仁が近いでしょうか。その辺よりももうちょっと優しめの口当たりつけ汁はおかわり可能ではあるのですが、半分行くか行かないかで完全になくなりおかわり。注文は500gなんですけど、1kgで足りるんでしょうかね、この量。ちょっと心配。自分が食べるわけではないですが。

 中太でちょっと縮れた感じのもの。かなりコシがあります。余り系列だと無かった麺ですね。つけ汁がシャバ系だと間違いなく麺が強すぎて負けてしまう感じ。ドロンジョなので問題はありません。これはこれでありですね。

 トッピングつけ汁の中にあった細切れチャーシューメンマの他に、店の売りである虎のしっぽ。食べてみると普通のソーセージですね。勿論美味しいのですが、ここに載っている意味は何だろうと考えてしまわないでもない感じ。いや、トッピングなんて案外そんなもんかもしれませんが。

 総じて期待を大きく超える事は無いけれど、下回る事もない、期待通りの濃厚系つけ麺という感じでした。値段は張りますが、量を増やせるのでコスパそのものは意外と悪くないです。多分。

 次に訪問する時があればラーメン。何年後かは分かりませんが。

 御馳走様でした。

 

ramendb.supleks.jp

 



 

つけ麺専門店 三田製麺所 田町本店@田町(2019.10.17訪問)

 こんばんは。

 今日はここ。『つけ麺専門店 三田製麺所 田町本店』

 三田製麺所自体には何度か訪れているのですが、本店に訪れるのは今回が初めて。別に本店である必要は無かったのですが、ちょうどその辺りを通るということで本店にしました。

 今回のお目当てはこれ。

f:id:sho34141991:20191021220219j:plain

 googleのお勧め記事で出てきて初めて存在を知りました。先週末までだったかな?既に二回目らしいですが、存在を知ったのは今回が初めて。こういう情報もうちょっと欲しいですよね、ホント。スマートかつシンプルに。

 店内は割と狭め。二階席もありましたが、今回は一階席。注文は勿論『背脂番長』

f:id:sho34141991:20191021220429j:plain

f:id:sho34141991:20191021220449j:plain

f:id:sho34141991:20191021220505j:plain

 見た目はちょっと二郎系っぽさを感じさせますね。

 つけ汁背脂が強いもの。直系二郎のつけ麺だと結構酸味でまとめてあるところが多いのですが、これはそういう事もなく。どちらかというと背脂チャッチャ系のつけ麺という塩梅が強いです。

 ストレート太麺。つけ汁に負けないような強いもの。インスパ系っぽいウェービーな感じではありませんでした。

 途中から麺の皿に乗っかっていたニンニクを投入すると、思ったより二郎系っぽさが出てきますね……ただ、結構飽きが早い感じ。やっぱり酸味のアクセントって大事なんでしょうか。個人的には余り酸味が強いのも好きではないのですが、少しは会った方が良いのかなぁと思ったりもしました。

 後、味とは全く関係が無いですが、麺の器が小さい。野菜がこれだけ乗っかっているのに小さい器だと、崩さずにというのが難しいのが難点ですね。素直に大きなのに盛ってほしいです正直。これは二郎系全般に言える事ですが。

 全体としては三田製麺所の色を出した二郎系つけ麺という感じでしょうか。背脂も感じ。ジャンキーでいいと言えば良いのですが、ちょっと飽きやすいなぁという感想。

 御馳走様でした。

 

ramendb.supleks.jp

家系 麺場寺井@綱島(2019.10.15訪問)

 こんばんは。

 今日はここ『家系 麺場寺井』

 元々は日吉の武蔵家出身で、自由が丘の渡来武創始者の師匠が作るラーメン、だそうです。

   気になってはいたものの、なかなか機会に恵まれずという感じ。

  店舗は綱島駅からそう遠くないところにありました。店の看板を見たことがあるっていうのは探しやすくていいですね。

f:id:sho34141991:20191015232036j:plain

 渡来武と同じく通し営業。休業日はあるみたいですが、取り敢えずこの日は大丈夫。よかった。

 店内に入るとこんなものも。

f:id:sho34141991:20191015232147j:plain

 サボテンってのが何だか新鮮。ただ店の内装がザ・家系という感じではない(二代目渡来武に近いかも)ので、それでも良いのだろうか。面白い。

 注文はデフォにしようか少し悩みましたがラーメン並(硬め)+大ライスにしました。

f:id:sho34141991:20191015232336j:plain

f:id:sho34141991:20191015232354j:plain

 麺は酒井製麺。これは多分同じものだと思います。これが一番という共通見解があるのでしょうか。安心感はあります。

 スープ豚骨に寄り気味の豚骨醤油。この辺りも渡来武と通じるものがありますね。どちらかというと二代目の方に近い味……かな?味の濃さはあると思うんですけど気にならないのが良いですよね。凄くレベルが高い感じ

 トッピング海苔三枚、チャーシュー、ホウレンソウチャーシューが美味しいですね。あんまりチャーシューにコメントすることってないんですけど。少し脂身感があった方が良い(ただし塊の脂身は嫌い)という好みの人なのでこのくらいの塩梅が良いんだと思います。

 全体的にかなりレベルの高い家系ラーメンという感じでした。安いし、ライスも着くし、余り行かない場所にあること以外の欠点がないなぁという感じ。こんど日吉武蔵家も行ってみよう。

 御馳走様でした。

 

ramendb.supleks.jp

ザ・ラーメンスモールアックス@大井町(2019.09.12訪問)

 こんばんは。

 今日はここ。「ザ・ラーメンスモールアックス」

 以前に一度、大雨の日に来たことがあるのですが、この日は台風の翌日。京浜東北線の並びに嫌気がさして、取り敢えず昼食ということで訪れたのがここでした。

 注文は「ラーメン」。トッピングはニンニクだけお願いしました。

f:id:sho34141991:20190918223253j:plain

f:id:sho34141991:20190918223256j:plain

 ヤサイやニンニクというコールがあるので、二郎インスパイア系というくくりにはなるとは思うのですが、ビジュアル的には普通の醤油ラーメンの方が近い感じの一杯。麺量はこれで250gくらいなのでそれなりにある方。

 スープ非乳化表面にかなり油が感じられる醤油強めのもの。目黒二郎で油を増したときがちょうどこんな感じ……いや、あの時はもっと凄かったかな。そんな塩梅。

 平打ちストレート麺。太さのある麺では無いですが、モッチリとしていて、存在感はある麺。量は上記の通り250gとまずまず。

 野菜クタ系最近珍しくなった気がするのは気のせいでしょうか。シャッキシャキのモヤシばかり食べている気がするので少し新鮮。見えている通りほぼモヤシです。

 二枚。モヤシの下に隠れています。これも二郎系で出てくる豚というよりは、普通のチャーシューを厚切りにしたような趣のものでした。

 全体的に二郎っぽいテイストは感じるものの、どちらかといえばガッツリ系醤油ラーメンという塩梅が強い一杯でした。本家のようなとっつきにくさはある意味で少ない、のかな。

 御馳走様でした。

 

ramendb.supleks.jp

 

 

孫作@内幸町(2019.09.06訪問)

 こんばんは。

 今日はここ。「孫作」

 以前に昼のつけ麺を食べにきたことはあるのですが、今回は夜の方。ラーメンを頂きに来ました。

 チャーシュー麺とダブルチャーシュー麺の値段が同じだったのでダブルに。この二つで値段が跳ね上がるってよくある事なんですけど、そういうの無いんですね。新鮮。

f:id:sho34141991:20190909212711j:plain

f:id:sho34141991:20190909212728j:plain

 豚骨と醤油という基本は恐らくこちらも一緒。組み合わせから、家系や二郎系っぽさも少し垣間見えますが、それらとは近いようで違う味。

 中太ストレート中盛ですら麺量が375gあり、二郎系と比較しても多い部類。この日は腹具合からして大丈夫だろうと中盛にしましたが全く問題なく完食。美味しいですね。しっかりと麺にスープが絡んでます。デフォで乗っかっている生姜やニンニクをとかして味変しながら頂いていくとなお良い感じ。ちなみにその辺りを入れていくと上記の系列に近い味になっていきます。

 全体的につけ麺同様余り見ないかなという感じのラーメン個人的には好みコスパも良いのはありがたいなぁ……こういう店、もう少し増えると良いんだけど。つけ麺なら取り敢えず豚骨魚介ドロンジョってんじゃなくて。

 御馳走様でした。

 

ramendb.supleks.jp

ラーメン荘 夢を語れ Yume Wo Katare Tokyo@白山(2019.09.03訪問)

 こんばんは。

 今日はここ。「ラーメン荘 夢を語れ Yume Wo Katare Tokyo」。

 ラーメン荘は元々関西のインスパ系なのですが、それが海外へと出店。その逆輸入バージョンがこのお店という形になっている、みたいです。本家を食べたことが無い(店まで出向いたことはある)ので、細かな部分の差は分からないのですが。

 注文は「豚ラーメン」。

f:id:sho34141991:20190909211259j:plain

f:id:sho34141991:20190909211317j:plain

 麺は平打中太。固めなどのコールはしていませんが、結構しっかりとした硬さがあるものでした。割と固めが好きなので、これはこれで嬉しい感じ。

 スープは非乳化~微乳化程度の塩梅。かなり脂感が強いです。ビジュアルからすると醤油メインという感じですが、豚もきちんと感じますね。良い感じ。

 豚は増して三つ。ただ、ひとつひとつが相当デカいです。しっかりとしまった良い豚。

 野菜はクタ系。最近あんまり見ないんですよね、クタ系。殆どモヤシ。

 上に載っている脂はデフォ。ニンニクは追加のトッピングですが、量の割には余りニンニクを強く感じないですね。スープが強いからでしょうか。まあ余りニンニク一色になっても困ると言えば困るんですけど。

 麺量も結構多く、醤油強めで満足度の高いインスパイア系という感じでしょうか。いつか本家にも行ってみたいところです。

 御馳走様でした。

 

ramendb.supleks.jp